だる)” の例文
どこから持って来るのか、様々の形をした巨岩や、樹木や、鉄骨や、木材や、数知れぬセメントなどが、島へ島へと運ばれました。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
三吉は三升をブラ下げて、艪にみました。五十六七、すっかり月代が色付いて、鼻も眼も口もびた、剽軽な感じのする親爺です。
味噌がずらりと並び、味の素や福神漬や、牛鑵がずらりと並んで光っている。一口坂の停留場前の三好野では、豆大福が山のようだ。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
それがもう一重、セメンに封じてあったと言えば、甚しいのは、小さなが添って、箱船に乗せてあった、などとも申します。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しい、ではよく眩惑されます、貴下屹度流星ぶのでもたのでせう。』とビールのやうな突出して
門々にはもう笹たけが立って、向うの酒屋では積みなどをして景気を添えていた。をきめている労働者の姿なども、暮らしく見られた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
仕かえしは味噌の中へときまった。彼女は自家用の幾個かの樽のなかへおしっこが出たくなると、穴をあけておいてした。
さて禁酒を破る筋にも無理がなく、湯呑で一杯から二杯、三杯と増し、遂に片口から二升と段々に無法になる作り方好し。
裾を端折り、襷を掛け、五升くらいのに向って、小さな腰掛にかけたまま、桶の中へ両手を入れて揉み出しをしていた。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
十度ほど、大地をると、槍は折れてしまった。武蔵は、納屋のの下にあった漬物の押し石をさしあげて、取りかこむ群れへりつけた。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そういって博士は、前にわっている大きい硝子製のビールのようなものをしました。しかしその中は透明で、博士の云うものは何も見えません。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
昼の三時頃には洲の水は浅くなって足のほどになりました。漁師たちは手網や手掴みで四斗に一ぱい半ほどの魚をり、網を外ずして去りました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
醸造中の葡萄の実のように、飽満せる魂は坩堝の中で沸きたつ。生と死との無数の萌芽が、魂を悩ます。
捕えられてシベリアに送られ、終身懲役の刑で監獄に幽閉された彼は、キャベツに身をひそませて、脱獄に成功した。その大胆不敵は俺たちの亀鑑とされていた。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
着飾つた坊さん、位牌持ち、、——生々しい赤い杉板で造つた四斗ほどの棺桶で、頭から白木綿で巻かれ、その上に、小さな印ばかりの天蓋が置かれてある。
野の哄笑 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
古いおには、古い足袋がギッシリつまり、古いの横に、古い張り板が立てかけてある始末。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
あたかも石油の中に落ち込んだがように、一波も立てずに海中に消え失せてしまった。人々は水中を探り、またってみた。しかし無益であった。夕方まで捜索は続けられた。
それから水夫長は純粋のジョンブル式ビールで、船長よりも風采が堂々としていた。
幽霊と推進機 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
私の家はそれほど大人数というわけでもなかったが、四斗糠味噌桶に使っていた。
生い立ちの記 (新字新仮名) / 小山清(著)
見ると荷馬車が一台おいてある。その横からの曲った男が出て来て二人一緒に小屋へ入った。さあ大変だと署長が思ってゐたら間もなく二人は大きな二斗を両方から持って出て来た。
税務署長の冒険 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
黒烟りを吐き出して、吐き尽したる後は、太き火燄が棒となって、熱を追うて突き上る風諸共、夜の世界に流矢のきを射る。を煮て四斗大の喞筒の口から大空に注ぐとも形容される。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ビール
赤い旗 (旧字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
「てめぃ、ビールから、なんか、ことづかったろうが」男爵と呼ばれる青年は、姿に似ぬ下等な言葉を、はいた。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
生み落された嬰児は、母が貧しい物しか喰べていなかったので、五の梅干みたいに、赤くてだらけだった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
船橋にはビールのやうに肥滿した船長が、頬髯りつゝ傲然と四睥睨してる。
小夜具って、仁王、一斗の三ツ目入道、裸の小児と一所になって、さす手の扇、ひく手の手拭、揃って人も無げに踊出した頃は、俄雨を運ぶ機関車のごとき黒雲が、音もしないで
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一番おしまいにはビールの中に封じられて二頭の馬の背中に積まれたまま、ぐるぐるまわっているうちに、自分の姿とそっくりの人形を幾個も幾個もビール樽の中から地面の上に投げ出すのです。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
一升だのその他のものを運んだ。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「君は、感傷家でありすぎる。もっと神経をふとくしていることだね。ことに、こんな熱帯の孤島では、ビールにでもなったつもりで、のんびりやることだ」
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あまりに無邪氣なる日出雄少年姿ては流石怒鳴出來ず、ぐと/″\きながら、ビールのやうな身體ばして、帽子ひかけたなど
ハンドルを握って引張ると、ビールをはめこんだような金庫のが、音もなく口をあけてくる——
地中魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
先刻通ったあの金性水の所には、昔時四斗程の大蛇がんでおって、麓の村へ出てはしばしば人畜を害したので、須藤権守という豪傑が退治したという口碑が伝わっている。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
「そうです、白木警部どの」とビールのように肥った赤坂巡査が横から口を出しました。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
首領の四馬剣尺は、あいかわらず彫物のある、大きな椅子に坐っていた。身のたけ六尺にちかく、ビールのようにったからだは横綱もはだしで逃げだしそうな体格だ。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「手紙といえば、真弓が、なにかビールから、ことづかったようでしたが……」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ぬかすところだった。おどろいたね、みそほどもある岩を、まるでまりを
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)