“麦酒樽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ビイルだる66.7%
ビヤだる33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから麦酒樽天水桶の上にし忘れたままの爪革だった。それから、往来の水たまりだった。それから、——あとは何だったにせよ、どこにも犬の影は見なかった。
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
早く早くとくを余所に、大蹈歩寛々たる老欧羅巴人は麦酒樽みたるやうに腹突出して、桃色の服着たる十七八の娘の日本の絵日傘色のリボンを飾りたるを小脇にせると推並
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
維也納は困っていた時なので、血の気のうすいさんがんでその車をしばらく目送している光景などもあった。馬は或る時は麦酒樽を満載して通っていた。
玉菜ぐるま (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)