“柳樽”の読み方と例文
読み方割合
やなぎだる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『ははは。そうそうあの句は……おふくろは勿体ないがしよい、と申す柳樽でした。手島のが聞きかじって居ったのです』
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
座の一隅にはい脚を打った大きな折敷柳樽置かれてあった。客が従者に吊らせて来て此処へったものに相違無い。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
知らぬ顔して捨ててはおけまい。古い川柳に座敷の牢屋で。薬飲むにも油断がされぬと。(註にく——座敷牢薬をのむに油断せず——柳樽——)
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)