“醤油樽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうゆだる90.0%
しやうゆだる10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし油桶にてよく治するならば、味噌桶ソワカにても、酒徳利ソワカにても、醤油樽ソワカにても差し支えなきはずである。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
うどんとばかり書いて鍋焼だけは鍋の形で見せ、醤油樽の中に水を入れ、土瓶が入っているという、本当にくしても売れねえ、ういう訳で
勘次よくおつぎにじた。おつぎは醤油樽から白漬片口しておつたのめた。勘次は一つんでかり/\とつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)