“空樽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あきだる95.0%
たる5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店は二十人もはいれるだろうか、暗くて湿っぽい土間に長い飯台が二つ、それを囲んで空樽に薄い蒲団を置いたものが並べてある。
落葉の隣り (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
このときし地下室をいていた者があったとしたら、んだ空樽の山がすこし変にじれているのに気がついたであろう。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
空樽に腰を掛けて冷酒をあふつてゐた
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)