落葉の隣りおちばのとなり
おひさは繁次を想っていた。それは初めからわかっていたことだ。ただ繁次が小心で、おひさの口からそう云われるまで、胸の奥ではおひさを想いこがれながら、おひさは参吉を恋しているものと信じ、そのために心を磨り減らしているのであった。 「なんでもない …
作品に特徴的な語句
しょく はな きた 古金ふるかね 可笑おかし 喧嘩げんか かみ とき 唐物からもの こび 小舎ごや ひさし たな 指定さしさだ 故郷くに がまち ひき 見栄みば 角造かくぞう 上方かみがた 主人あるじ どんぶり 二十はたち あだ 佃煮つくだに たたず 俳諧はいかい 偽物にせもの 傷痕きずあと 八間はちけん すご もた いたわ ひる 博奕ばくち かえ 厨子ずし 吃驚びっくり つぶや むせ すす のど あえ うわさ ささや ふさ 増吉ますきち 大店おおだな 女衒ぜげん おど 小女こおんな 小桶こおけ くず きっ 差配さはい じょう ひら かば ひろ 御蔵おくら 微笑ほほえ たし ほう 拇指おやゆび こぶし 拳骨げんこつ 指物さしもの ひね おお 日髪ひがみ 昂奮こうふん さら 晦日みそか 暖簾のれん 朋輩ほうばい 横鬢よこびん しお 河岸かし 溜息ためいき つぶ 火傷やけど 片肱かたひじ 甘煮うまに 痢病りびょう しゃく 白湯さゆ 白粉おしろい