“たる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
78.3%
12.7%
1.6%
1.6%
1.1%
垂弛0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
空樽0.5%
0.5%
酒樽0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎年冬になるとの味噌漬のがテンコツさんからの到来ものだった。大橋の下へ船がついたからとりにいってくれといってよこした。
その苦労をおとらは能くお島に言聞せたが、身上ができてからのこの二三年のおとらの心持には、いくらかみができて来ていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
蜀山先生謂予文墨をもつて世に遊ぶ画は論せず、死後にいたり一字一百銭にらるゝ身とならば文雅幸福べしといはれき。此先生は今其幸福あり、一字一百銭にらるゝ事嗟乎かな。
私は夏肥りにみ切った身体を扇風器に預けていた。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
女といへば大抵の無理は通るものと思つてゐるらしいが、実際多くの著作家のなかには女名前の手紙には、喜んで返事を書くやうなが居ないとも限らない。
大酒飲みと見えて顔色が赤ぼったく垂弛んで、両眼の下瞼がベッカンコーをしたように赤く涙ぐんでいる上に、鼻の頭がテラテラと赤熟れになっている処は
昨日文三にいじめられた事を、おまけにおまけを附着てベチャクチャと饒舌り出しては止度なく、滔々蕩々として勢い百川の一時に決した如くで、言損じがなければみもなく
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
生活の大河は、その火花のような恋、焔のような愛を包括してみなく静かに流れて行く。
愛は神秘な修道場 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
眼がさめながらまだ痺れたように睡たくて、背なかが蒲団から持ち上げられないほどい。こういうときがサイにいちばん辛く悲しかった。
三月の第四日曜 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
たけたないやうに、とに、しばしとて、お前後ながらつたから、しめたと、北叟笑をしてつと、しばらくれて、やがて駈出して
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そしてそのんだ所にちょうどぶらんこの綱にでも乗ったようにして、その夕方、二人の小さな女の児が腰を掛けて嬉しそうに寄りそっていた。
空樽に腰を掛けて冷酒をあふつてゐた
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
素気なく言ってすぐ入口にまごついている加世子に目を見張った。この眼も若い時は深く澄んで張りのある方だったが、今は目蓋にも少しみができていた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
きっぱりとわせ、折鶴の紋のついた藤紫の羽織雪駄をちゃらつかせて、供の男に、手土産らしい酒樽を持たせ、うつむき勝ちに歩むすがたは、手嫋女にもめずらしいたけさを持っている。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)