狂歌師赤猪口兵衛きょうかしあかちょこべえ博多名物非人探偵はかためいぶつひにんたんてい
「オ……オ……和尚様。チョ、チョット和尚様。バ……妖怪が……」 まだ薄暗い方丈の、朝露に濡れた沓脱石まで転けつまろびつ走って来た一人の老婆が、疎らな歯をパクパクと噛み合わせて喘いだ。 「ナ……何で御座る。もう夜が明けておるのに……バ……バ… …
作品に特徴的な語句
しょく 関係ちちくり 真実ほんなこと 如何どげ 母様かかさん けに 紛糾もめごと がか おなご ぬる どん 中心しん 勘定はじき 斯様こげ 後妻あといり 裁縫ぬいはり しと 彼様あげ ところ 何様どげ 経緯ことわけ もの 秘密ないしょごと 中風ちゅうき 秘密くち あだ 旦那だんなん ごと さが 苛責せめ 真実まったく 彼奴あやつ うで 質素ひっそり 其様そげ 秘密うちまく 銀杏ぎなん しな 横道わきみち 京都かみがた あたま 骰子サイコロ 拙僧あたくし 扮装いでた つら べり かたわら 委曲くわ 内密ないない 円満まる 普通あたりまえ 腕前うで 老爺じい あたし たく 土蔵ぐら めぐ 盗賊ぬすびと さも 俺達ヒト 出来でけ 顎骨あごたん おろそ 怪訝おか 普通ただ 万劫まんご 平生ふだん 魂消たま つと 骰子ざい 実情せいかく 監督みかじめ 財政おなんど わし 気持きしょく 痕跡あとかた 蹴返けか 唾液つばき 忠告いれこと 煙管ぎせる かね ろう 竪町たてちょう 呪咀のろ 吾々こっち 口禁しば にく 判然わか