狂歌師赤猪口兵衛きょうかしあかちょこべえ博多名物非人探偵はかためいぶつひにんたんてい
「オ……オ……和尚様。チョ、チョット和尚様。バ……妖怪が……」 まだ薄暗い方丈の、朝露に濡れた沓脱石まで転けつまろびつ走って来た一人の老婆が、疎らな歯をパクパクと噛み合わせて喘いだ。 「ナ……何で御座 …
作品に特徴的な語句
反身そりみ 螺鈿らでん 緋縮緬ひじりめん 掃溜はきだめ 小舎ごや 冤罪むじつ 吾々こっち 唾液つばき 妙齢としごろ 神仏かみほとけ 七歳ななつ 和歌うた 鉋屑かんなくず 逼塞ひっそく 贔負ひいき 水上みなかみ 残酷むご 揮毫きごう うで 臭気におい 理屈すじめ 原因もと 屍骸なきがら つと 我家うち 収入みいり 嫩葉わかば 生姜しょうが 内密ないない 尋常事ただごと 博奕打ないしょごと ろう 娘御シャンシャン 背向そむ 血統ちすじ 人体にんてい 反向そむ 当然あたりまえ 発端おこり 石甃いしだたみ 苛責せめ 他目よそめ 所業しわざ 禁厭まじない 昨晩ゆうべ 目明めあかし 水洟みずばな 太平楽あんき 秘密うちまく 呪咀のろ 無残むご れっき 裁縫ぬいはり 骰子ざい 分限者ぶげんしゃ あご 蹴返けか 其様そげ 土蔵ぐら 事件こと 盗賊ぬすびと 困難むずか 花崗岩みかげいし 立佇たちど 質素ひっそり 詐欺いかさま 内幕ないまく 斬首うちくび ざら 由来わけ 京都かみがた 何様どげ 新身あらみ 尻端折しりはしょり 彼様あげ 中風ちゅうき 墓所はかしょ 賢明さかしら 不快いや 溝鼠すいどうねずみ 関係ちちくり 監督みかじめ 大酒たいしゅ 狃染なじみ 横道わきみち 竪町たてちょう 道標みちしるべ 決定きま 母様かかさん 異臭におい 中心しん 失笑ふきだ 紛糾もめごと 乾涸ひから 刀身かたな 堅蔵かたぞう 巨石おおいし 狂歌うた 証跡しるし 顎骨あごたん