“升樽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しようだる33.3%
しやうだる33.3%
しょうだる33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村落のどのからか今日念佛衆へというてへられた二升樽圍爐裏きつけて、けた土瓶へごぼ/\といで自在鍵けた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ぎはんで疾風うた雜然として卯平んだ沈鬱空氣攪亂した。老人等懷錢うた二升樽ばれてされた。圍爐裏られた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
しかるにここに大いに考うべき一条は各自が果たして各自の容積いっぱいに水を含めるややの問題である。四斗樽えてもなれば四升樽にも劣る。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)