“しようだる”の漢字の書き方と例文
語句割合
升樽100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村落のどのからか今日念佛衆へというてへられた二升樽圍爐裏きつけて、けた土瓶へごぼ/\といで自在鍵けた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼等には饂飩きなと二升樽とそれから醤油容器である麥酒罎とがげられた。垣根彼等假聲してどつとてゝした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)