恐竜島きょうりゅうとう
ふしぎな運命 人間は、それぞれに宿命というものをせおっている。つまり、生まれてから死ぬまでのあいだに、その人間はどれどれの事件にぶつかるか、それがちゃんと、はじめからきまっているのだ。 運命はふしぎだ。 その運命のために、われわれは、思いが …
作品に特徴的な語句
はじ 洞穴どうくつ とう 帆布ほぎれ 小船ボート たすか たま 出会であい こころ 石塊せっかい むな 一睡ひとねむ 怒号どこう げん 下流かりゅう 後方こうほう 船底ふなそこ 疲労ひろう 支棒ささえぼう 居住きょじゅう 昔話むかばなし かご けん 寝台しんだい 一刻いっこく 木片もくへん 破局はきょく 塩味しおあじ 遺物いぶつ 足手あしで ごし 怪鳥かいちょう ふな 舷梯はしご 船側せんそく 船尾せんび 往来おうらい 船影ふなかげ 船脚せんきゃく ゆか ほうむ 布片ぬのきれ きれ 巨漢きょかん ほう たす 表向おもてむ 封切ふうぎ 暗雲あんうん おぼ 宝物たからもの かど たず くさ 調停ちょうてい 板片いたぎれ 突如とつじょ 財宝ざいほう 墓穴ぼけつ から だる 土佐どざ へん じに 死人しにん のが 酒宴しゅえん もん しお あかり 波頭はとう 前途ぜんと 出現しゅつげん あお なま 死者ししゃ におい けだもの 重々おもおも かさ 水牛すいぎゅう こご 人食ひとく 確証かくしょう 飛沫ひまつ たっ 直径ちょっけい 破片はへん あやう