空襲葬送曲くうしゅうそうそうきょく
父の誕生日に瓦斯マスクの贈物 「やあ、くたびれた、くたびれた」家中に響きわたるような大声をあげて、大旦那の長造が帰って来た。 「おかえりなさいまし」お内儀のお妻は、夫の手から、印鑑や書付の入った小さい …
作品に特徴的な語句
神田かんだ 鍛冶屋かじや 満更まんざら 長火鉢ながひばち 修羅しゅら 陸奥むつ 覚悟かくご トン 断乎だんこ ふか 脱兎だっと 物識ものし 千切ちぎ 伊勢いせ インチ 胡麻塩ごましお 足蹴あしげ 惜気おしげ 冷汗ひやあせ なだ 蜜蜂みつばち 見窄みすぼら 閑暇ひま 喊声かんせい 目貫めぬき 見覚みおぼ 請合うけあ 四谷よつや わく 亜細亜アジア 炯眼けいがん 立竦たちすく 熨斗のし 余裕よゆう 効目ききめ 胡座あぐら 縁起えんぎ 佩剣はいけん 尨大ぼうだい 窓硝子まどガラス 錯覚さっかく 頑張がんば 丹精たんせい 驀進ばくしん 屍体したい 衣桁いこう 晩酌ばんしゃく 紅蓮ぐれん 貴郎あなた 遁走とんそう 隅田川すみだがわ 貴君きくん 麒麟きりん 辞儀じぎ 余燼よじん 凛々りり 品川しながわ 狙撃そげき 酸鼻さんび 愚図愚図ぐずぐず 愛宕山あたごやま 阿鼻叫喚あびきょうかん 風貌ふうぼう 目論もくろ 煙突えんとつ 恭々うやうや 浅草あさくさ 海辺うみべ 本望ほんもう 神保町じんぼうちょう 申訳もうしわけ 前代未聞ぜんだいみもん 屈竟くっきょう 比喩たとえ 下町したまち 妙齢みょうれい 正気しょうき 符牒ふちょう 煙硝えんしょう 疾駆しっく 今戸いまど 半歳はんとし 巌丈がんじょう 折柄おりから 漠々ばくばく 心得こころえ さき 昏倒こんとう 完膚かんぷ 彼我ひが 書付かきつけ 狂奔きょうほん 莨入たばこいれ 曝露ばくろ 無惨むざん 顔馴染かおなじみ 可也かなり 山城やましろ 巡邏じゅんら