“水樽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みずだる50.0%
みづだる50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このあいだじゅうずっと、私は決して環付螺釘を放しませんでした。兄はの方にいて、船尾張出部のの下にしっかり結びつけてあった、小さなになった水樽につかまっていました。
水樽になつて鐵車内一隅つた。一同最早絶望したのである。