仁王門におうもん
手紙の形で書かれてあるし、書いた本人は毒を呷って死んでいるのだから、おそらく遺書だろうとは思うのだが、発見した場所が場所だから、どうもその点がハッキリせぬ。 もし仮に遺書だとしても、果してその中込礼子という、婦人に宛て送るつもりで書いたのか …
作品に特徴的な語句
せい はえ めえ てえ たく ざと たた わり 兄弟きょうでえ しっ 残酷むごたら へえ だる いざの 煮染せち とっく あぐ あや かんげ めえ むしく ひれ 大分でえぶ 甲午こうご きらめ 煮染にし ちゃ いだ 心配しんぺい おのれ 寄人かかりうど けえ ぬか めえ かしず 嚥下えんげ そそのか 商売しょうべえ かまびす 鬱蒼こんもり おぼ あか 服装みなり 博徒ばくちうち 挙措ものごし 按排あんべえ ふん まんま 俯瞰みおろ 萱葺かやぶ すすき 竦然ぞっ 余裕ゆとり つい 幸福しあわせ けえ 巴里パリー 阿母おふくろ しら 囃子ばやし まぶ 寝台ベッド 貴方あんた ただ ねえ 赤飯こわめし 如何いかん 石礫いしころ 飯笹いいざさ 中込なかごめ 頻々ひんぴん 顰蹙ひんしゅく みつ 総身そうみ かび 黄櫨はぜ 駐箚ちゅうさつ 穿 ふもと 箪笥たんす あお かわら 硬張こわば