“赤飯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せきはん50.0%
こわめし22.7%
あかめし9.1%
こわ9.1%
おこは4.5%
おこわ4.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文「あゝ、そう/\、気の毒ながら米は其の儘文治が受取ります、明日みょうにち後役あとやく引受ひきうけの祝いとして、一同の者へ赤飯せきはんを振舞ってやるぞ」
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
なるほど、武蔵の木皿には、まだ赤飯こわめしが食べ残っていた。それがなくなったら行くというに違いない。伊織は、そう思い直して神妙に
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
会葬者には赤飯あかめしに奈良漬、味噌漬を副へた辨当が供せられた。初め伊沢氏で千人前を準備したが、剰す所はいくばくもなかつたさうである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「どれから先に食べたっていいじゃないか、ねえ、与八さん、与八さんの好きなのから先にお食べ、お団子でも、てんぷらでも、お赤飯こわでも、かまわないから、遠慮しないでたくさんお食べ……」
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
赤飯おこはうれしいな、じつ今日けふなんだ、山下やましたとほつた時、ぽツ/\と蒸気けむつてたからひてえと思つたんだが、さうか、其奴そいつ有難ありがてえな、すぐはう。
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
みの「私が赤飯おこわべたんだよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)