“囃子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はやし83.3%
ばやし16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“囃子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
賑やかな囃子はやしにつれて燕女つばめの輕い身體は前に差し伸べた權之助の手へ、大きい蝶のやうにヒラリと飛び乘るのでした。
てけて、どんどん、と自分で囃子はやしを入れながら、——彦山夫人の言葉にもかかわらず、それは決して上手なものではなかった。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
祭り囃子ばやしの一組が、それに交じって、景気をつけた。馬の鈴までがすばらしくりんりんと今朝はよく鳴るのだ。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
橋をくぐる前までは、二梃三味線で、「梅にも春」か何かを弾いていたが、それがすむと、急に、ちゃんぎりを入れた馬鹿囃子ばやしが始まった。
ひょっとこ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)