“囃子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はやし81.6%
ばやし18.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第三、平素勝手元不如意を申し立てながら、多く人をめ、酒振舞いなどいたし、武家屋敷にあるまじき囃子など時折りれ聞え候事
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
錦絵から飛んで出たような囃子の子たちの百羽の銀鳩が一斉に鳴くように自由に生きいきと声をそろえた ほう いや のかけ声
小品四つ (新字新仮名) / 中勘助(著)
ともあれ、正月も過ぎてその時、村の祭りでも近づいていたのか? 遥かの麓からあまり上手でもない馬鹿囃子の笛が聞えてきた。
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
地方の民が、大蔵省へ馬で貢税を運び入れながら唄った国々の歌が催馬楽となったといわれるが、田楽ももとは農土行事の田植え囃子だった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)