水魔すいま
暖かな宵の口であった。微赤い月の光が浅緑をつけたばかりの公孫樹の木立の間から漏れていた。浅草観音堂の裏手の林の中は人通がすくなかったが、池の傍の群集の雑沓は、活動写真の楽器の音をまじえて騒然たる響を伝えていた。 被官稲荷の傍の待合を出た一人 …
作品に特徴的な語句
やつ さき 映画フィルム だる づれ 冷笑ひや かあてん 中央なかほど うるおい 手擦てすり 物品しなもの 何人たれ しめ じぶん 子守もりっこ くるま きい 饗応ごちそう がわ とび 知己しりあい うな 行詰ゆきづめ うしろ 衝立つった 笑顔わらいがお けん へり おのれ 大半おおかた 小女こむすめ 老婆ばあ 翌日あす あて 我家うち 数多たくさん ななめ こわ 新香しんこう 花鳥かちょう 微暗うすくら のち 街路とおり まち ぼか 胸元むねもと 朋友ともだち かど 平生いつも いざな さつ 始終しょっちゅう うらやま ちぢ 黄金きん へん 歌妓げいしゃ えが 交誼よしみ すぐ 土室どま 使つかい 問屋といや とも うるお 隻頬かたほ さき におい そで にっ さかずき 茶店ちゃみせ 目標めじるし にら 石畳いしだたみ 種種いろいろ 羽織はおり うらや 耳門くぐり そび すく 縁側えんがわ ふち ふと 締直しめなお 簷口のきぐち 舌打したうち