“簷口”の読み方と例文
読み方割合
のきぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船板塀をした二階家があって、耳門にした本門簷口に小さな軒燈り、その脇の方に「山口はな」と云う女名前の表札がかかっていた。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)