“簷曝雑記”の読み方と例文
読み方割合
えんばくざつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今人をるの危険なることは趙甌北の「簷曝雑記」にその好例ありと言ふべし。南昌の人に李太虚と言ふものあり。明の崇禎中に列卿る。国変に死せず。李自成り、清朝定鼎の後、脱し帰る。
八宝飯 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)