“簷外”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんぐわい66.7%
えんがい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎年の事ながら不意の大雪にて廿七日より廿九日まで駅中家毎の雪にて混雑いたし、簷外玉山を戸外へもいでがたくり申候。今日も又大雪吹に相成、家内蝋燭にて此状をしたゝめ申候。
毎年の事ながら不意の大雪にて廿七日より廿九日まで駅中家毎の雪にて混雑いたし、簷外玉山を戸外へもいでがたくり申候。今日も又大雪吹に相成、家内蝋燭にて此状をしたゝめ申候。
白鞭を以て地を築いてと成す、虫を中に置き、その上に沃盥す、少頃蠕々長きがごとし、竅中泉湧き、倏忽自ずからる、一席のごとく黒気あり香煙のごとし、ただちに簷外に出で