“簷先”の読み方と例文
読み方割合
えんさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正造はまた眉根をつりあげて簷先の黒雲に眼を放っていたが、「なんの必要で警察がそんな調査をするのか。そんな怪しからんことを横堀君はなぜ黙っているのだ」
渡良瀬川 (新字新仮名) / 大鹿卓(著)