渡良瀬川わたらせがわ
那須ヶ峰にのぼる煙りのこころあらば 雲井につげよ民の心を(明治十七年)正造 乞う、陸地測量部二十万分ノ一の地図「日光」及び「宇都宮」をひろげてみよ。中禅寺湖をかこむ外輪山の南面、松ノ木沢に源を発してうち重なった緑のひだのあいだを南流する一川 …
作品に特徴的な語句
ほや うとん うず めまい むしば さか いさぎよし ねぎら よりどころ やな なんな かく 殿しんが はなみず おだ もっこ がえん おお おさ くしゃみ かん ねんごろ にな 猿臂えんび あば きたな ひさし いい そしり つか たけなわ 零落おちぶ かたく しか かね 免黜めんちゅつ 刮目かつもく くりや とが そそ 啓蟄けいちつ おど 嚢中のうちゅう ごう 囂々ごうごう らち 基督キリスト みだ 宿痾しゅくあ 就中なかんずく 左部さとり 市井しせい 干戈かんか 幸生さちお 微恙びよう 忖度そんたく 怯懦きょうだ たの ゆる あたか 悉皆しっかい 慫慂しょうよう 憤懣ふんまん 払子ほっす ふる とりこ たお 時鳥ほととぎす 果無はかな 楫音しゅうおん 歪曲わいきょく こわ 気燄きえん 沮喪そそう 温和おとな 滔々とうとう そそ かき 猖獗しょうけつ なお 畢竟ひっきょう 直訴じきそ 真摯しんし だま 祖朶そだ 禰宜ねぎ 箴言しんげん やな 簷先えんさき ただ みだ ともづな そび いやしく