“簷端”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のきば80.0%
のきは20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
街には宗徒りて、肩と肩と相摩するさま、むかし紅海を渡りけん時も忍ばる。簷端には古衣、雨傘その外骨董どもを、懸けもべもしたり。
しばしありて、今まで木影に隠れたる苫屋の見えたり。近寄りて、「ハンスルが家はここなりや、」とおとなへば、傾きし簷端の小窓きて、白髪の老女、舟をさしのぞきつ。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
まことは藤井屋なり。主人驚きて簷端傾きたる家の一間払いて居らす。家のつくり、中庭をみて四方に低き楼あり。中庭より直に楼に上るべきかけたるなど西洋の裏屋の如し。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)