“木影”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こかげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木影”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宿屋がないような辺鄙へんぴなところへ行くと、雨の降る間は幾日も神社の中に泊っていたり、天気の日には木影こかげ野宿のじゅくしたりしました。
キンショキショキ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
しばしありて、今まで木影こかげに隠れたる苫屋のともしび見えたり。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)