“こかげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コカゲ
語句割合
木蔭39.0%
樹蔭31.9%
木陰8.8%
樹陰6.6%
小蔭6.0%
木影3.8%
樹影2.7%
小陰1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう言っているうちに与八と馬とは丸山台の難所を三分の一ほど通り過ぎて、行手の木蔭焚火でもあろうか火の光を認めました。
帽も上衣も黒つぽい所へ、何処か緋や純白や草色一寸取合せて強い調色を見せた冬服の巴里婦人が樹蔭ふのも面白い。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
木陰けてしんみりと反覆繁茂した彼等一の味方月夜でさへ陰翳安全彼等む。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
日は来たりぬ、われ再びこの暗くれる無花果樹陰に座して、かの田園を望み、かの果樹園を望むの日は再び来たりぬ。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
余りの不思議さに自分は様子を見てやる気になって、ある小蔭に枯草を敷ていつくばい、を見ながら、折々頭を挙げての男をってた。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
月の光がさしていて、池のが水銀のように輝き、白い花が気味悪いほど真っ白に浮き出して見えます。彼は木影に坐ったまま、夢心地でぼんやりしていました。
魔法探し (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
ほやり/\水蒸気立つ土には樹影黒々と落ち、処女の様に青々と晴れた空には、夏雲が白く光る。戸、障子、窓の限りを開放して存分に日光と風とをれる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
少しは路の嶮岨けれど、幸ひ今宵は月冴えたれば、辿るに迷ふことはあらじ。その間道は……あれはせ、彼処に見ゆる一叢の、杉の森の小陰より、小川を渡りて東へ行くなり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)