“嶮岨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けんそ97.7%
けわし2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして、さしもの嶮岨ものぼり切ってしまうと、彼は厚ぼったい唇をいて、陶山の前に、強欲な手のひらをすぐつき出した。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その北は遠眼鏡山の傾斜した南の肩に接し、南の方へ向ってはまた隆起して、後檣山と言われているごつごつした嶮岨な高地になっていた。
文角鷲郎もろともに、彼の聴水が教へし路を、ひたすら急ぎ往くほどに、やがて山の峡間に出でしが、これより路次第に嶮岨く。荊棘いやが上にひ茂りて、折々行方り。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
少しは路の嶮岨けれど、幸ひ今宵は月冴えたれば、辿るに迷ふことはあらじ。その間道は……あれはせ、彼処に見ゆる一叢の、杉の森の小陰より、小川を渡りて東へ行くなり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)