“嶮悪”の読み方と例文
読み方割合
けんあく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これに反して東山道は道路も嶮悪に、運輸も不便であるから、ここに鉄道を敷設するなら産物運送と山国開拓の一端となるばかりでなく
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
我が草庵の門前は横丁といふて名前こそやさしいが、随分嶮悪な小路で、冬から春へかけては泥濘高下駄を没するほどで
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
嶮悪な意外な沈黙が起った。それから夫人は言った、「ああ、私は甲板にまいりますわ」そして他の人々も彼の女と共に立ち上った。しかし教授はぐずぐずしていた。