“嶮崖”の読み方と例文
読み方割合
けんがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新たに起こってきたあらゆる反省によって、彼の不安は増していった。嶮崖が彼の周囲に現われてきた。彼は祖父とも友人らとも融和していなかった。
北の方嶮崖を下る八、九丁で、南穂高と最高峰とを連ねている最低部、横尾谷より来ると、この辺が登れそうに見えるがだ危険だ、奥穂高と北穂高との間を通るがよい。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)
どこかの山中の嶮崖を通る鉄道線路の夜景を見せ、最後に機関車が観客席に向かって驀進するという甚だ物々しいふれだしのあった一景は、実は子供だましのようなものであった。