“嶮城”の読み方と例文
読み方割合
けんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甲信駿三ヵ国のさかい、小太郎山のとりでのへ。——オオ父上、そここそ山また山、自然の嶮城難攻不落の地にござります。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
青州は有名な嶮城だし、奉行慕蓉の権勢もまた人の知るところだが、要は、その中へ呼延灼という者が入り込んで、いやが上にも気勢を揚げているものとられる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここは、末森以上の嶮城だ。——成政は、遠くから眺めて
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)