“嶮山”の読み方と例文
読み方割合
けんざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山へ登るのもくいいことであります。深山に入り、高山、嶮山なんぞへ登るということになると、一種の神秘的な興味も多いことです。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
峨峰嶮山まれた大湖だから、時々ふと、このんでるのが、方角ふうちにつて、ちるいてゐた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
天下は暗澹——いずれ、光明のをいただく天下人はあろうが、その道程刀林地獄血汐修羅じゃ。この秀吉のまえにも多難な嶮山累々とそびえている
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)