“嶮要”の読み方と例文
読み方割合
けんよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葭萌関は四川陝西の省境にあたる嶮要で、もしこれへ玄徳の援軍が入ったら、いよいよ破ることは難しいと察していたので、漢中軍をひきいた馬超は
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だが、かんじんな丹波第一の敵の嶮要——八上城だけはなおまだ頑としてちずにあった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「心配ない心配ない。孟王、お心安く思わるるがよい。わが洞界は不落の嶮要、ここに兵をお集めあれば、おそらく孔明といえど、蜀軍の将士たりと、生きて還ることはできない」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)