“ためし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タメシ
語句割合
75.0%
9.8%
7.1%
経験1.8%
前例0.9%
実例0.9%
0.9%
試刀0.4%
例証0.4%
先蹤0.4%
可試0.4%
實例0.4%
0.4%
試用0.4%
試験0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の婚礼に就いて在所の者が、先住のを引いて不吉な噂を立てるので、豪気新住境内の暗い竹籔切払つて桑畑につた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
凡そこれまで出遇つたもなく、終ひにはふら/\病になつてゐた折から、はじめてこの街に移り艦を眺め戦闘機を見あげ
緑の軍港 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
その代り、この窮屈な主義だとか、主張だとか、人生観だとかいうものを積極的に打ち壊して懸ったもない。実に平凡で好い。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何を約束したって、だ貰った経験がない。何故乃公はこんなに運が悪いのだろう。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
い加減な、前例にも禁厭にも、烏瓜の提灯だなんぞと云って、狐がすようじゃないかね。」
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お家騒動、内輪めから。邪魔な相手を片付けたさに。こうした手段を使った実例が。チラリチラリと残っております。ならば今では、どうかと見ますと。おなじ事じゃと云いたいなれども。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
凡そこれまで出遇つたもなく、終ひにはふら/\病になつてゐた折から、はじめてこの街に移り艦を眺め戰鬪機を見あげ
緑の軍港 (旧字旧仮名) / 牧野信一(著)
などとひどく力んでな、大懸かりな試刀をいたすというので、これから出向いてみるのじゃよ
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、嘉兵衛は、長国寺の境内に今朝ある「試刀」の催しを話して
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
近い例証が十年前の支那の戦争で、村から取られた兵隊が一人死にましたが、ヤア村のになるなんて、鎮守のに大きな石碑建てて、役人など多勢来て、大金使つて、大騒ぎして
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それはもう悉皆忘れて居て、何年も思出した先蹤の無いやうなことまで、つい昨日の出来事のやうに、青々と浮んで来た。今は丑松も自分で自分を憐まずには居られなかつたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「ものは可試だ。まあお召しなすってください。腕車よりおそかったら代はきません」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しのことで二も三仲直りが出來ないやうな實例らも世間にはるもんだからね
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今、朕れ、丈六の仏を造りまつらむがに、き仏の像を求む。汝が所献仏の、即ち朕が心にへり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
歯磨屋卓子の上に、お試用掬出した粉が白く散って、売るものの鰌髯にもり霜を置く——初夜過ぎになると、その一時々々、大道店の灯筋を、霧で押伏せらるる間が次第に間近になって
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
... 抜て私しの云う通りにすればの罪人が分ります」荻沢警部は馬鹿/\しく思えど物は試験と自ら我頭より長サ三四寸の髪の毛を一本抜き取り「是を何うするのだ(大)其髪のを右向けを ...
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)