“ひん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒン
語句割合
36.7%
35.2%
13.7%
品格2.7%
2.7%
2.7%
1.2%
1.2%
品位0.8%
0.8%
0.8%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしはあの優雅の言葉がも一度聞きたい。あの殿上人礼容ただしい衣冠と、そして美しい上﨟のよいいがも一度見たい。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
家が破産にして昔なら身売奉公でもしなければならぬ場合に、備えるような教育ばかりを与えたがり、また受けたがることである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
物のすえたしめっぽいにおいとともに、四六時中尖った空気が充満して、長屋の住民はどれもこれも、みんなゆえのけわしい顔——。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
次の間の長火鉢をしながら吉里へ声をかけたのは、小万と呼び当楼のお職女郎。娼妓じみないでどこにか品格もあり、吉里には二三歳年増である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
著作的事業としては、失敗に終りましたけれども、その時確かに握った自己が主で、他はであるという信念は、今日の私に非常の自信と安心を与えてくれました。
私の個人主義 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
主人はとも楊枝とも片のつかないもので、無雑作に饅頭を割って、むしゃむしゃ食い始めた。宗助もった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
仲たがいさせるまでは決して帰って来るな。でないとお前たちの生皮むいでしまうぞ。
イワンの馬鹿 (新字新仮名) / レオ・トルストイ(著)
汝は世々東海のにいて、家祖みな漢朝の鴻恩をこうむり、汝また、はじめ孝廉にあげられてに仕え、さらに恩遇をたまわりてようやく人とる。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
品位のいい容貌、優雅な物越し、附添いの老婦人の態度などから推して、彼女はどうしても身分のある家の令嬢に違いないと、私はひとり極めにしてしまった。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
夜気やりとしてきた過ぎ、更け沈んだ離室の灯は、丁字に仄暗く、ばさと散ったの翼から、粉々と白いものが新九郎の顔に降った——と、魔魅のすり抜けてくるよりも密やかに、橋廊下を
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
銘々が自分の娘をだの夫人だのというものにして自分の血縁を天皇に立てようと企むに至って、相続のたびに、否、常に相続をめぐって、お家騒動の絶え間なき連続のようなものだ。
呉江邑丞鞏徳蘇州府の命を以て史彬が家に至り、官を奪い、曰く、聞く君が家建文皇帝をかしずくと。驚いて曰く、全く無しと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
知らず応文禅師如何の感をせるを。とゝもに江南に下り、彬の家に至り、やがて天台山に登りたもう。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
朋友死してる所なければ我がもとにおいてせよという。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
余ノ詩ニオケルヤヨリ遊戯ノミ。人生ハ寄ルガ如キナリ。唯意ニ適スルヲ貴ブ。ヒ臭ヲフニ何ゾ必シモ抵死センヤ。ソレ詩ノ道タルヤ切実ヲ美ト為ス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
黒橇や、荷馬車や、徒歩の労働者が、きゅうにから放たれた家畜のように、自由に嬉々として、氷上をり、ぱんに対岸から対岸へ往き来した。
国境 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)