“賓”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひん75.0%
まらうど12.5%
ヒン12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
著作的事業としては、失敗に終りましたけれども、その時確かに握った自己が主で、他はひんであるという信念は、今日の私に非常の自信と安心を与えてくれました。
私の個人主義 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
荘子そうじ』に「名はじつひんなり」とあるごとく、じつしゅにしてかくである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
一は非我が主、我がひんという態度で、一は我が主、非我が賓と云う態度とも云えます。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
言葉も同じく考えのひん、思想のかくなりといいうると思う。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
一 詩歌しいか小説は創意を主とし技巧をひんとす。
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
彼は走り行き、手を鳴してこたへけるが、やがて木隠こがくれかたら気勢けはひして、返り来るとひとしまらうどの前に会釈して、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
貫一は帽を打着て行過ぎんとするきはに、ふと目鞘めざやの走りて、館のまらうどなる貴婦人を一べつせり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
庭ハユウニシテユウベニハ接ス五湖ノヒン
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)