“幕賓”の読み方と例文
読み方割合
ばくひん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長兄は諸葛瑾と申し、呉に仕えて孫権の幕賓たり。二番目の兄が、諸葛亮、すなわち孔明で——私は臥龍の次にあたる三番目の弟、諸葛均でございます
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
譜代の大将部将幕賓はもちろん、降参の諸将にまでその封爵と行賞はあまねくゆきわたった。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人々は、その大言に驚いて、誰かとみると、帳下の幕賓蒋幹子翼というものだった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)