“黒橇”の読み方と例文
読み方割合
くろそり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒橇や、荷馬車や、徒歩の労働者が、きゅうにから放たれた家畜のように、自由に嬉々として、氷上をり、ぱんに対岸から対岸へ往き来した。
国境 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)