“無有寃親想”の読み方と例文
読み方割合
むうをんしんさう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
得意も非なり失意も非なり、歓ぶさへもなれば如何で何事の実在ならんとぞ承はりおよぶ、無有寃親想永脱諸悪趣、所詮は御心を刹那にひるがへして、常生適悦心受楽無窮極
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)