“無何有郷”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むかうきやう50.0%
むかうのきょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寝床しんしやうわれを呑み、睡眠われを無何有郷むかうきやうに抱き去らんとす。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
こんな豪傑がすでに一世紀も前に出現しているなら、吾輩のようなろくでなしはとうに御暇おいとまを頂戴して無何有郷むかうのきょう帰臥きがしてもいいはずであった。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)