“恂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まこと66.7%
いたは33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに自分が日本へついて以来といふものは事毎に多くの人々をわずらはすのみでに本意なく思つてゐる。
男の短刀を逃げてゐるのか将又切支丹伴天連仕込みの妖術まがひの愁ひの類ひを逃げてゐるのかにハッキリしてゐないが、これもつきあひの美徳であらう
をみな (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
併しまづ何よりも職業なのだから……さう思ふと快活に凡てを諦めて、自分を笑ひ乍らる「江戸つ子」に帰つてゐた。
(新字旧仮名) / 久米正雄(著)