文芸の哲学的基礎ぶんげいのてつがくてききそ
東京美術学校文学会の開会式に一場の講演を依頼された余は、朝日新聞社員として、同紙に自説を発表すべしと云う条件で引き受けた上、面倒ながらその速記を会長に依頼した。会長は快よく承諾されて、四五日の後丁寧なる口上を添えて、速記を余のもとに送付され …
作品に特徴的な語句
こま おおせ きょく むず じゅう 冒頭はじめ そく なお およそ くだ そら 退しりぞ もと たと まこと かかわ 真実しんじつ 一度ひとた いかり あが らん ふたつ こまか おのれ 何人なんびと とら きらい きわ がら はず もとづ 評隲ひょうちょく ほしいま 真実まこと しん がた あん あきら うれ ちぢ 思出おもいだ あわれ うらみ まとま るい 彼此ひし えき うけたまわ 折悪おりあし おのずか なげう ねぶ まず 穿うが きら えが 媒介ばいかい うち まみ みが おおい 固執こしゅう つか すう 贔屓びいき まこと ほう わい えい よわい かたわら かんむり ほろ 力味りきん 閑人かんじん ひら おわ のぼ なか とり つかさ 一目いちもく たが はるか 漸々ぜんぜん 煤煙ばいえん わずら 滅多めった かんざし