“專有”のいろいろな読み方と例文
新字:専有
読み方割合
せんいう66.7%
せんゆう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この病院は、この私娼窟專有の病院のやうなもので、こゝの院長は、T私娼窟のあのなまづのやうな醫者と同樣、私娼經營者の味方ではあれ、私娼の味方では決してなかつた。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
自分自分仕事をしてたくてならない矢先へ、出身で、小規模ながら專有工場月島邊てゝ、獨立經營をやつてゐる先輩出逢つたのがとなつて、先輩相談
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
今日世界する地震學參考書中堅をなすものであつて、これ事業は、日本地震學會時代專有してゐたわが名聲かしめなかつたといへるであらう。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)