“名聲”のいろいろな読み方と例文
新字:名声
読み方割合
きこえ33.3%
めいせい33.3%
フエーム33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
福なる諸〻の靈あり、かれらは天に來らざりしさき、いかなるムーザをもますばかり世に名聲高かりき 三一—三三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
今日世界する地震學參考書中堅をなすものであつて、これ事業は、日本地震學會時代專有してゐたわが名聲かしめなかつたといへるであらう。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
自分の生活の中心を名聲に置けば、自分の名聲に不當の損害を與へる者は彼の敵に相違なかつた。
三太郎の日記 第二 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)