“中堅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちゅうけん66.7%
ちゆうけん16.7%
センタア16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは、この塾が地域共同社会の理想化に挺身する中堅人物の養成ということにその主目標をおいていた自然の結果だったのである。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
震災防止につき、少年諸君現在小國民としても、他日國民人物中堅としても自衞上、はた公益上必要くべからざる事項叙述せんとするものである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
小説本で、滿壘とか、アタツクシヨオトとか、中堅とか、そんな用語を覺えてゐただけであつて、やがて其の試合の觀方をおぼえたけれど餘り熱狂できなかつた。
思ひ出 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)