“鮎釣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あゆかけ40.0%
あゆつり40.0%
あゆつ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人と巡査と校長の間に持上つた鮎釣の自慢話、それから、此近所の山にも猿が居る居ないの議論——それが濟まぬうちに晩餐は終つて巡査は間もなく歸つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
松崎は鮎釣が好きだつたところからそれをかこつけに同業の伯父から紹介状をつて河内屋に泊り込んでゐた。X町のそばには鮎のゐる瀬川が流れて季節の間は相当つた。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
鮎釣りの岩にはさまり見ゆるかな
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)