“鮎漁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あゆと50.0%
あゆりょう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その軒提燈と同じ赤い提燈をゆらめかして、鮎漁りの扁長い船がを鳴らして瀬を上下してゐた。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
これは五月九日から鮎漁が解禁になったので、遠くからやってきて釣場所の優先権を占めようとする人たちが夜中から待機しているのである。狭い堤防は人の影でうずまっていた。
親馬鹿入堂記 (新字新仮名) / 尾崎士郎(著)