親馬鹿入堂記おやばかにゅうどうき
三十五歳のとき、長女が生れた。昭和八年である。私にとっては、まったく思いがけない出来事だった。そのとき、ある婦人雑誌から、はじめて父親になった感想を求められ、父親たるべき腹の出来ていないことを答えたことを覚えている。当時の日記をひろげてみる …
作品に特徴的な語句
たん うわ 幻像げんぞう さか のど ちょう 直後ちょくご よう いん かろ 発奮はっぷん 状態じょうたい 準備じゅんび 機会きかい かか いと 歴然れきぜん 鮎漁あゆりょう とな 随筆ずいひつ ぐう 阿呆あほ 閑散かんさん きん 過程かてい ほこり 話題わだい おぼ 落語らくご 色彩しきさい 結構けっこう いわ けん 画面がめん 甲斐がい 歳月さいげつ くす あわれ あわただ 感想かんそう じょう 急激きゅうげき 微風びふう 徐々じょじょ 年齢ねんれい 小刻こきざ 厭離えんり かたむ せつ 仮説かせつ 堤防ていぼう たも 冗談じょうだん 複雑ふくざつ 補正ほせい 裏口うらぐち 街中まちなか 蒲団ふとん 葦平あしへい きざ はぎ 荘厳そうごん 荒亡こうぼう 芸当げいとう 兆候ちょうこう 自信じしん みずか 臆病おくびょう 腹這はらば 脳天のうてん 脈絡みゃくらく 胎児たいじ 胎中たいちゅう あく びん 縁側えんがわ 緊張きんちょう 真似まね いの 石垣いしがき 知覚ちかく ひとみ なが 真剣しんけん 直哉なおや しょう くせ 動機どうき 判断はんだん