“鮎並”の読み方と例文
読み方割合
あいなめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
沙魚鮎並を買って、それで酒を飲んだ。うまかった。沙魚は丁度懐卵期で、卵もぼ熟しかかっていたが、それでもうまかった。晩に高梨を訪ねた。
素人ながらに、近海物と、そうでない魚とを見分けることの出来るお三輪は、今へ揚ったばかりのような黒く濃い斑紋のある鮎並、口の大きくなぞをめるさえめずらしく思った。
食堂 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)