青べか日記あおべかにっき――吾が生活 し・さ――わがせいかつ し・さ
しっかりしろ三十六、貴様は挫けるのか、世間の奴等に万歳を叫ばし度いのか、元気を出せ、貴様は選ばれた男だぞ、そして確りとその両の足で立上って困苦や窮乏を迎えろ、貴様にはその力があるんだぞ、忘れるな、自分を尚べ大事にしろ。そして、さあ、笑え。 …
作品に特徴的な語句
ちょ ほど かんば じき 斯様このよう ふとこ せき いわん 仰臥 はにか 呵々ああ したた そし すこ こた かく たっと みこと だけ おだ しっか 此方こっち やさ まど はじ たず ふり そよ うれ おとな 引掴ひっつか かし たぎ くだり おさ ゆっく ひし なつ えつ すで すく おご あか 夜更よふけ すべ はやし つど なぎ かす おわ まゆ 驟雨しゅうう 縹渺ひょうびょう ゆる 鮎並あいなめ ふな 緒口いとぐち はぜ 紛擾ふんじょう さば 精進しょうじん いわし くわ かゆ 籠絡ろうらく きす 鳶口とびぐち きわ たた 神楽かぐら 鶺鴒せきれい 黄昏たそがれ しか 煮付につけ くろ ひし