“鮎川”の読み方と例文
読み方割合
あゆかわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海が幾日もれて、山中の食料がつきた場合には、対岸の牡鹿半島にむかって合図の鐘をくと、半島の南端、鮎川村の忠実なる漁民は
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
郡内の長脇差で、鮎川仁介というものがある。この甲州では有名な博奕うちでな、その、身内どもが、先ごろ御岳へ参った時に、見たという者の話だが……」
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
周防都濃郡須々万村大字須々万奥小字国木峠、遠江周智宇刈村大字宇刈小字国木谷、常陸多賀郡鮎川村大字成沢小字槶木沢などはその例である。文人国木田独歩君は播州竜野の藩士であった。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)