西班牙の恋スペインのこい
私の負傷は癒えなかったけれど、故郷を出てから六月目に、それでもマドリッドへ帰って来た。 私は誰にも逢わなかった。又逢いたいとも思わなかった。しかし、親友のドン・ムリオだけには逢って見たいような気持がした。 「カスピナに逢うのも悪くはない。私 …
作品に特徴的な語句
ねだ しの 蒼白あおく 些少ちっとも いかつ どおり 光景たたずまい 無情つれない なあに しかる 可惜いとし 碧玉エメロード 詳細くわ じゅう 何人どなた はい 手前てめい ごん かい 室中なか ここ 明瞭はっき 若干いくらか とど 横倒よこた 省略はぶ いつわり なくな 負傷てきず 胡弓ヴァイオリン いと 家内なか 蒼白まっさお 焦心じれ 不用いらな 以前まえ 以来から 生地いくじ もっとも かつて うそ 放射 かむ きく およそ 口端くちばた 蹂躪ふみにじ 護符おまもり えみ かなしみ 悪口あくこう 執念しつこ 親友ともだち 彫刻ほり もっとも しげみ 一先ひとまず 涙声なきごえ 毒蛇コブラ きれ こん 疲労つか すぐ 故郷くに 石榻せきとう 破壊こわ 手布はんけち 窓外まどそと うれい 箇所ところ たちまち また 茫然ぼんやり 先方むこう 凝然じっ 何方どっち 何故なにゆえ 呪詛のろい 仲宜なかよし よろこび 天幕てんと